本文へ移動

【ロッテ】レアード27号&山口9号の2者連続アーチで幸先よく3点を先制 

2021年10月16日 14時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レアード

レアード

◇16日 ロッテ―ソフトバンク(ZOZOマリン)
 ロッテが1回にブランドン・レアード内野手(34)と山口航輝外野手(21)の2者連続アーチで3点を先制した。
 まずはレアードだ。2死三塁の場面でソフトバンクの先発右腕石川柊太投手の2球目、高めへのストレートを押し込むように捉え、27号2ランを左中間のラッキーゾーン「ホームランラグーン」に突き刺した。本塁打は12日のオリックス戦以来、4試合ぶりだ。
 続く山口の一発は低い弾道で左翼席へ。6球目の低めのカットボールをすくい上げ、9号ソロをマークした。6試合連続のスタメン出場で本塁打は10日の日本ハム戦以来だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ