本文へ移動

東近江・百済寺所有の十一面観音立像が国重文に 文化審答申

2021年10月16日 05時00分 (10月16日 14時53分更新)
木造十一面観音立像=県文化財保護課提供

木造十一面観音立像=県文化財保護課提供

 十五日に開かれた国の文化審議会で、県内では東近江市の百済寺が所有する木造十一面観音立像が、新たに国の重要文化財(美術工芸品)に指定するよう文部科学大臣に答申された。官報告示などの事務手続きが完了すれば、県内の指定件数は六百四十件となる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧