本文へ移動

出品10万枚 音楽の宝探し 金沢駅で「秋の音盤祭」

2021年10月16日 05時00分 (10月16日 11時11分更新)
 幅広いジャンルの中古や輸入レコードを展示販売する「秋の音盤祭」が十五日、JR金沢駅のもてなしドーム地下広場で始まった=写真。十七日まで。
 北陸音盤祭実行委員会が主催し、九回目。北陸三県(石川、富山、福井)のほか大阪府や愛知県など全国の十四の専門店が計十万枚を出品している。クラシックやジャズ、ロックなどさまざまなジャンルの音盤がずらり。集まった愛好家たちがレコードやCDを手に取り、黙々と品定めしていた。絵をあしらったレコードのジャケットを展示するパネル展もあった。
 開催時間は、十六日は午前八時〜午後八時半、十七日は午前八時〜午後六時。(西浦梓司)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧