本文へ移動

【巨人】ウィーラー、ピンチ救った! ヤクルト・村上の痛烈な打球をダイビングキャッチ 「ウィーラー英智してしまう」

2021年10月15日 19時29分

このエントリーをはてなブックマークに追加
3回、ヤクルト・村上の打球を好捕した巨人・ウィーラー

3回、ヤクルト・村上の打球を好捕した巨人・ウィーラー

◇15日 ヤクルト―巨人(神宮)
 巨人のゼラス・ウィーラー外野手(34)が左翼線の当たりに対し、地面すれすれのダイビングキャッチを披露。全力プレーで球場を沸かせた。
 1点差に詰め寄られた3回2死、ヤクルト4番・村上の左翼線へのライナー性の打球に対して猛然とダッシュ。最後は横っ跳びして左腕を伸ばすと、勢い余ってフェンス際まで横回転したが、打球を手放さなかった。
 体を張った守備を受け、ツイッターでは「ウィーラー」がトレンド入り。守備の名手で知られた元中日の英智(現・外野守備走塁コーチ)にたとえて「ウィーラー、英智してしまう 恵まれた体から、軽快な超ファインプレー」「とりあえずウィーラーLOVE」などと反響が相次いだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ