本文へ移動

心優しき大谷翔平、大好きな「スラムダンク」名言Tシャツをマドン監督主催チャリティー寄付のため販売

2021年10月15日 14時20分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンゼルス・大谷翔平(AP)

エンゼルス・大谷翔平(AP)

 エンゼルスのジョー・マドン監督(67)は14日、自身のツイッターを更新。「サンキュー、翔平『マドン・リスペクト90』は、君をリスペクトするよ」と、大谷翔平(27)への感謝を記した。
 大谷は、マドン監督が主催するチャリティーの「リスペクト90基金」に参加。売り上げを同基金に寄付するサイト「maddonart・com」で、自身と水原通訳が好きなバスケット漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』に登場する名言がデザインされたTシャツを10日から販売開始した。
 Tシャツに記された文句は、湘北高校バスケット部の安西監督が、主人公の桜木花道に語った「下手くその上級者への道のりは、己が下手さを知りて一歩目」。赤とネービーの2バージョンがあり、背中には「MADDON」と背番号70のデザインが施されている。
 同基金は、マドン監督が2015年にジェーン夫人と設立。公式サイトは「リスペクト90はスポーツ、教育と地域社会への貢献を通じ、子どもたちと家族に王者の態度を育む機会を提供します」とうたっている。過去には、基金を募るゴルフ大会の主催、ホームレスの家族への食事会や、小児がん患者と家族への支援活動などがたびたび報じられた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ