本文へ移動

医師・鳴河さんが 図書購入費100万円 魚津市に寄付

2021年10月15日 05時00分 (10月15日 13時03分更新)
村椿晃市長に思いを語る鳴河弘旨さん(右)と妻みどりさん=魚津市役所で

村椿晃市長に思いを語る鳴河弘旨さん(右)と妻みどりさん=魚津市役所で

 魚津市大光寺の医師、鳴河弘旨(ひろし)さん(88)は米寿を記念し、魚津市立図書館の図書購入費用として市に百万円を寄付した。
 鳴河さんは一九六三(昭和三十八)年、新川地区で初めて精神科病院を開設した。現在は医療法人社団弘仁会魚津緑ケ丘病院会長。
 鳴河さんは妻で医師のみどりさんと市役所を訪ね、村椿晃市長に目録を渡した。村椿市長は「お心に沿うよう活用したい」と感謝状を鳴河さんに贈った。
 市は寄付金を図書購入基金に受け入れ、絵本や健康関連本の購入に充てる。(松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧