本文へ移動

国宝との思い出

2021年10月15日 07時09分 (10月15日 08時48分更新)
 柳亭小痴楽

 柳亭小痴楽

 10月10日…日曜日の午後、落語界に最も悲しい知らせが届いた。人間国宝でもある柳家小三治師匠の訃報である。私は10月上席の後半は、東京・浅草演芸ホールの夜の部の主任を務めており、その日は千秋楽だった。お昼は千葉県印西市にて落語会があった。林家木久扇師匠とご一緒で、師匠が到着されると、会うなり「あと、数分後ニュースで出ると思うけど…」と言って教えてくれた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報