本文へ移動

アマ世界1位・中島啓太がグリーンに大苦戦も46位「アンダーで回れたのは成長しているところ」【日本オープン】

2021年10月14日 22時51分

このエントリーをはてなブックマークに追加
10番でバンカーショットする中島

10番でバンカーショットする中島

◇14日 男子ゴルフ 日本オープン第1日(滋賀県栗東市、琵琶湖CC)
 今年の中日クラウンズなどツアー3勝の岩田寛(40)がパー71での大会ベスト記録を更新する63をマーク、8アンダーで首位スタートを切った。現役大学生プロの石坂友宏(22)=日本ウェルネススポーツ大=が1打差で追う。世界アマチュアランク1位で3週前にツアー初優勝を挙げた中島啓太(21)=日体大3年=や、2週前に下部ツアーを制した河本力(21)=同4年=らアマ勢は出遅れた。
   ◇     ◇
 中島は3アンダー、2ボギーの1アンダーで46位。「ラインと芝目が読めていない」とグリーン上で大苦戦したが、15番と16番を連続バーディーにしてひと安心。16番パー5はバンカーから残り15ヤードの第3打が直接ピンに当たってカップの真横に止まる幸運もあった。痛めている腰の状態は70%のままで、スタート前はチューブを使って30分間リハビリも。その後に向かった練習場は打席が空いておらず、20球だけ打って急いで1番ティーに向かうハプニングもあった。「ボギーが先行したが、アンダーで回れたのは成長しているところ」と話した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ