本文へ移動

岩田が大会ベスト更新し首位発進、有観客開催に「いてもらった方が絶対いい」と歓迎【日本オープン】

2021年10月14日 22時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1打差2位で初日をスタートした石坂友宏

1打差2位で初日をスタートした石坂友宏

◇14日 男子ゴルフ 日本オープン第1日(滋賀県栗東市、琵琶湖CC)
 今年の中日クラウンズなどツアー3勝の岩田寛(40)がパー71での大会ベスト記録を更新する63をマーク、8アンダーで首位スタートを切った。現役大学生プロの石坂友宏(22)=日本ウェルネススポーツ大=が1打差で追う。世界アマチュアランク1位で3週前にツアー初優勝を挙げた中島啓太(21)=日体大3年=や、2週前に下部ツアーを制した河本力(21)=同4年=らアマ勢は出遅れた。
   ◇     ◇
 首位で初日を終えた岩田は、ボギーなしの8バーディーにもかかわらず「スコアはよかったけれど、ショットは全然当たらない。グリーンに乗ったやつは入った。乗らないのはパーパットでしのいだ」と、威勢のいい言葉はなし。大会新記録にも「全体的にすっきりしない」と、特別な感慨はなさそうだが、本音は「あんまり(コースがやさしいと)言うと、変な所にピンを切られたりするんで」とのこと。ただ、今大会が有観客で行われていることは大歓迎のようで「いてもらった方が絶対いい。いないと、ふざけたりしてしまうんで」と真顔で語った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ