本文へ移動

NHK大河「青天を衝け」で大隈重信の『であ~る』口癖強調 大倉孝二「これでいいのかな…」

2021年10月15日 00時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大隈重信を演じる大倉孝二

大隈重信を演じる大倉孝二

 NHK大河ドラマ「青天を衝け」(日曜午後8時ほか)に大隈重信役で出演している大倉孝二(47)がこのほどリモート取材会に出席。大隈について「総理大臣になって、早稲田大学をつくった人という知識しかなかった」と率直に明かした。一方、資料で調べた上で「天真らんまんで民衆に愛された。その辺は自分でもアリかなと思う」と自信をのぞかせた。
 放送中の明治政府編で、大蔵省幹部として俳優吉沢亮(27)演じる渋沢栄一を新政府に出仕するよう説き伏せた。また17日放送の31回では渋沢と新たな金融機関作りに取り組み、相談して「銀行」と名付ける。24日放送の32回では渋沢が大蔵省を辞めたことに憤り、三菱との結び付きを深める。
 「…であ~る」の口癖が強調されている。「これでいいのかなと思いつつもやらせていただきました。渋沢との言い合いシーンが多いので楽しんでもらえたらいい」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ