本文へ移動

【DeNA】牧が長嶋茂雄に次ぐ新人2位タイ「塁打236」に到達、三浦監督「4番に入ってもかわらず」高評価

2021年10月14日 22時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回、宮崎の適時打で生還する二走・牧(左)

8回、宮崎の適時打で生還する二走・牧(左)

◇14日 広島5―3DeNA(マツダスタジアム)
 4番8試合目のDeNA牧秀悟内野手(23)が、右前打と左翼線二塁打を放ち4打数2安打。236塁打に達した。新人の歴代記録290塁打の長嶋茂雄(巨人)に次ぐ2位タイに浮上。三浦監督は「これだけ打てば、これからもいろんな記録を塗り替えていく。記録を意識して打席に立っているわけでもないでしょうし、4番に入ってもかわらずしっかり集中して打席に立てている」と高く評価していた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ