本文へ移動

投函すると掛け声聞けます 大鹿歌舞伎のご当地ポスト、道の駅に登場

2021年10月15日 05時00分 (10月15日 05時00分更新)
ご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」のデザインを手掛けた中村さん夫婦(中央)=大鹿村で

ご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」のデザインを手掛けた中村さん夫婦(中央)=大鹿村で

  • ご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」のデザインを手掛けた中村さん夫婦(中央)=大鹿村で
  • ポストのイラストが描かれた7種のポストカード=大鹿村で
 大鹿村の地芝居「大鹿歌舞伎」(国重要無形民俗文化財)を題材にしたご当地ポスト「大鹿カブシャンポスト」が十四日、村内の道の駅「歌舞伎の里大鹿」にお目見えした。投函(とうかん)した際に歌舞伎のせりふや掛け声が流れる仕組みで、音が鳴るポストは、管理する日本郵便信越支社管内では初めて。 (二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧