本文へ移動

【中日】R・マルティネスが3者連続三振で本拠地締め「全力でゼロで抑える」最速157キロでねじ伏せた

2021年10月14日 21時45分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表に登板し、三者三振に仕留めたR・マルティネス

9回表に登板し、三者三振に仕留めたR・マルティネス

◇14日 中日1―1ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 同点の9回に登板した中日守護神R・マルティネス投手(25)が3者連続三振で1イニング無失点。「本拠地最終戦だから、とにかく全力でゼロで抑えるという強い気持ちでマウンドに上がった」。先頭・村上を5球目の高め156キロで空振り三振。オスナ、中村は追い込んでから低めスプリットで仕留めた。最速157キロの直球を軸にねじ伏せ、今季最後の本拠地マウンドを締めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ