本文へ移動

子ども食堂 笑顔5周年 円光寺 親子らできたての夕食

2021年10月15日 05時00分 (10月15日 10時36分更新)
5周年を祝い、できたての料理がずらりと並んだ円光寺子ども食堂=金沢市円光寺の円光寺文化センターで

5周年を祝い、できたての料理がずらりと並んだ円光寺子ども食堂=金沢市円光寺の円光寺文化センターで

 円光寺子ども食堂は十三日、金沢市円光寺の円光寺文化センターで五周年を祝う会を開いた。新型コロナウイルスの影響で弁当配布に切り替えてきたが、節目に合わせて久々に食堂形式で実施。親子連れや食堂ボランティア六十人が参加し、並んでできたての夕食を楽しんだ。
 食堂は今井公子さん(73)が運営し、月に二回開催。今回は感染対策のため時間帯を二回に分けた。ショウガご飯や卵豆腐のあんかけ、フルーツポンチなど十二品が大皿に盛られ、参加者は好きな料理を皿に取って味わった。
 よく利用するという同市富樫小学校二年の宮川みのりさん(8つ)は「集まって食べると楽しくて、うれしい気持ち」と、大学イモをぱくり。祖父の坊(ぼう)真彦さん(69)は「今井さんの頑張りに脱帽する。早くコロナが収まり、こうして集まる機会がずっと続けば」と願う。
 その他、無料のフリーマーケットやハンドマッサージ、弾き語りライブのコーナーもあった。今井さんは「皆が喜んでくれて、ボランティアの手伝いもあり、あっという間の五年だった。これからも、子どもから大人まで旬の食材を使った料理を届けたい」と話した。(高橋雪花)

関連キーワード

おすすめ情報

石川の新着

記事一覧