本文へ移動

批評誌「都市美」第2号を発売

2021年10月15日 05時00分 (10月15日 05時00分更新)
 都市を軸に芸術や社会を幅広く扱う批評誌、「都市美」の第2号=写真=が出た。責任編集は名古屋造形大(愛知県小牧市)の学長で建築家の山本理顕さん(76)。
 特集「公的空間の作法」では、山本さんのほか愛知県出身の文化人類学者・小川さやかさん、建築家の仲俊治さんが論考を寄せた。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で芸術監督を務めた津田大介さんを招き、2019年に名古屋造形大の特別講義として行われた山本さんとの対談も収録している。
 河出書房新社刊。2200円。

関連キーワード

PR情報

文化の新着

記事一覧