本文へ移動

【巨人】ドラフト4位、東海大相模・石田隼都が指名あいさつ 「食らい付いていきたい」1位指名の小園らにライバル心

2021年10月14日 19時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「一日一生」と書いた色紙を手に意気込む石田

「一日一生」と書いた色紙を手に意気込む石田

 巨人からドラフト4位で指名された神奈川・東海大相模高の石田隼都投手(18)が14日、相模原市の同校で水野雄仁スカウト部長、円谷英俊スカウトから指名あいさつを受けた。
 今春のセンバツ優勝投手の石田。巨人には原監督や菅野、大城ら高校の先輩が在籍していることもあり「すごく良い選手が集まっていて、強いチームだと思うので、そこに食らい付いていきたい。自分は攻める投球がアピールポイントなので、練習から攻めていきたい」と意気込んだ。
 同じ高校生投手では小園や風間、森木、達の4人がドラフト1位で指名されたが「やっぱりドラフト1位の人の方が評価が高いと思うので、負けないように、選ばれるのが全てじゃないと思うので、ここから戦っていければ」とライバル意識をのぞかせた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ