本文へ移動

大河「青天を衝け」で岡谷蚕糸博物館が撮影協力 繰糸機の技術指導など

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 15時11分更新)
撮影で使用されたフランス式繰糸機の復元機と林学芸員(右)=岡谷市の岡谷蚕糸博物館で

撮影で使用されたフランス式繰糸機の復元機と林学芸員(右)=岡谷市の岡谷蚕糸博物館で

 岡谷蚕糸博物館(岡谷市)は、実業家・渋沢栄一の生涯を描くNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」で、繰糸シーンの撮影に協力した。十七日放送の第三十一回で、同館が所蔵する「フランス式繰糸機」の復元機が登場。同館の技術指導を受けた俳優やエキストラが復元機を操り、富岡製糸場(群馬県富岡市)が創業した一八七二(明治五)年当時の繰糸風景が再現される。(倉形友理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧