本文へ移動

弥生時代の墓や戦国時代の火葬場など見つかる 西尾市の国森遺跡で16日に説明会

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 11時51分更新)
戦国時代の堀とみられる大きな溝などが見つかった国森遺跡=西尾市国森町で

戦国時代の堀とみられる大きな溝などが見つかった国森遺跡=西尾市国森町で

 西尾市教委が発掘調査を進める国森遺跡(同市国森町)で、弥生時代の墓や戦国時代の火葬場などが見つかった。鎌倉から戦国時代の素焼きの土器や山茶わんのほか、香炉などの高級品も出土しており、市教委文化財課の担当者は「この地での暮らしぶりが分かる重要な発見」としている。 (角野峻也)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧