本文へ移動

子宮頸がんワクチンの対象者に案内送付で接種増加 東濃5市の状況

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 10時56分更新)
瑞浪市が対象者に送った子宮頸がん予防のワクチン接種の案内文書を示す市職員=瑞浪市役所で

瑞浪市が対象者に送った子宮頸がん予防のワクチン接種の案内文書を示す市職員=瑞浪市役所で

 子宮頸(けい)がんの原因とされるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐ子宮頸がんワクチンについて、厚生労働省の専門部会が一日、接種の積極的な呼び掛けを認める方針を決めた。昨年十月には同省が全国の自治体に対し、接種対象者に案内を送付するよう呼び掛けており、各地でこの通知に従う動きが広がっている。子宮頸がんワクチンを巡る国の動向に東濃五市がどう対応しているのかを探った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

岐阜の新着

記事一覧