本文へ移動

土石流間接被災者も義援金5万円配分へ 熱海市が決定

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 05時01分更新)
 静岡県熱海市は十三日、七月に発生した大規模土石流を受けて寄せられた義援金の配分委員会を開き、被災地区に住むものの物的被害がなかった「間接的被災者」にも、一人当たり五万円を配ると決めた。委員会後、記者会見した稲田達樹副市長は「精神的な影響のみならず、路線バスの運休など経済的な影響も受けている」と説明した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧