本文へ移動

長良川鵜飼、今年も浮かず 乗船客数最少を更新、来期は「高級化」戦略

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 05時01分更新)
 岐阜市の長良川鵜飼が十五日、閉幕する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、過去最多の九十日が中止に。十二日までの乗船客数は一万三千百三人で、過去最低だった昨年の一万五千三百十人を二千人以上下回り、過去最低となることが確実となった。
 今年は飲食を解禁し、船内に飛沫(ひまつ)防止パネルを設置し、定員も五〜七割にして臨んだ。だが、五月十一日の開幕日は六月二十一日にずれ込み、八月には第五波が直撃した。緊急事態宣言などで、八月十八日から九月末まで中止を余儀なくされた。中止になった九十日のうち、実に八十二日が新型コロナの影響だった。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧