本文へ移動

東山公園協会の元職員書類送検 金庫から現金窃盗容疑

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 05時01分更新)
 東山動植物園(名古屋市千種区)で遊園地運営などを手掛ける公益財団法人「東山公園協会」の金庫から約千五百万円がなくなった問題で、名古屋・千種署は十三日、窃盗の疑いで、名古屋市守山区の元協会職員の男性(54)を書類送検した。
 捜査関係者への取材で分かった。容疑では今年三月二十日から二十一日までの間、名古屋市千種区の東山公園協会で、協会が管理する金庫内から現金二十一万八千円を盗んだとされる。
 捜査関係者によると...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

朝夕刊の新着

記事一覧