本文へ移動

国体延期断念「苦渋の決断だった」 一見知事、就任1カ月

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 05時00分更新)
就任1カ月の心境を語る一見知事=県庁で

就任1カ月の心境を語る一見知事=県庁で

 十四日で就任から一カ月となった一見勝之知事。本紙のインタビューで、延期を断念した三重とこわか国体・とこわか大会への対応などを挙げ、「走り回っていた」と振り返った。新型コロナウイルス対策では「第六波は必ず来る」として、療養体制の整備や経済活性化の両立を進める考えをあらためて示した。 (聞き手・斎藤雄介)
 ーー就任一カ月の感想は
 忙しく走り回っていたという印象。就任から一週間でとこわか国体・大会の延期可否判断、その直後には...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

三重の新着

記事一覧