本文へ移動

鶴来巡って開運 スマホがガイド 7スポット 音声や動画自動再生

2021年10月14日 05時00分 (10月14日 10時46分更新)
開運招福まち巡りの音声ガイド用に貸し出すスマートフォンと、イヤホンセット。左下は参加者に贈るおみくじのキーホルダー=白山市鶴来本町で

開運招福まち巡りの音声ガイド用に貸し出すスマートフォンと、イヤホンセット。左下は参加者に贈るおみくじのキーホルダー=白山市鶴来本町で

きょうからイベント

 白山市などは十四日、スマートフォンから流れる物語仕立ての音声ガイドを楽しみながら、鶴来地域の開運スポットを巡る体験型イベント「おみくじで占う 開運招福まち巡り」を始める。新型コロナ禍で団体観光が減少する中、個人向け観光の在り方を探る試み。参加は無料で、一日四人限定。十一月二十二日まで。(吉田拓海)
 登場人物の「獅子吼丸(ししくまる)」や「白山山伏(やまぶし)」と一緒に、レトロな駅舎が残る鶴来駅(鶴来本町)を起点に、金剱宮(きんけんぐう)(鶴来日詰町)や、旧加賀一の宮駅跡(白山町)、白山比咩神社(三宮町)など、開運スポット七カ所を訪れる。
 スマートフォンの位置情報システムを利用しており、指定された目的地に到着すると、ストーリーの動画や音声が自動再生される。
 参加者には、事前におみくじ型キーホルダーが手渡され、音声ガイドの指示に従っていくことで、健康運や勝負運などの運試しもできる。体験に必要な専用スマートフォンと、音声ガイド用のイヤホンセットも無料で貸し出す。イヤホンは周囲の音も拾うことができ、音声ガイドから流れる音楽と合わさることで、物語の世界を臨場感たっぷりに体験できる。
 所要時間は車で巡った場合で約二時間半ほど。市観光連盟(鶴来本町)が有料で貸し出すレンタサイクル(一日五百円から)や、徒歩でも楽しめる。安全のため、乗り物を運転する際には、イヤホンを外すように呼びかけている。
 参加するには、専用フォームからの予約が必要。イベントは、同市や市観光連盟、日本旅行金沢支店などでつくる「鶴来まち歩き促進委員会」が主催する。(問)市観光連盟076(259)5893 
◇体験イベントの予約はこちらから

関連キーワード

PR情報