本文へ移動

【日本ハム】1日で大変身の猛打10点 5位西武とゲーム差なしに 栗山監督「しっかりやっていきます」

2021年10月13日 22時22分

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本ハム・栗山監督

日本ハム・栗山監督

◇13日 西武2―10日本ハム(札幌ドーム)
 この日ばかりは札幌ドームに何度も拍手がこだました。前夜(12日)は今季16度目の零封負けを喫した日本ハム打線がたった1日で大変身だ。西武投手陣に12安打の猛攻をお見舞いして2桁10点の荒稼ぎ。本拠地での完勝で5位の獅子に再びゲーム差なしと迫った。
 「チャンスでいかに一本出すかというところが難しいところなので、そこはみんなが意識していたと思います」。7回の2点適時二塁打など同学年の先発・高橋から3安打を放った高浜が声を弾ませれば、7回に4号満塁弾を2番手の十亀から放った清水も「しっかり(気持ちの)切り替えができたのかなと思います」と語り、胸を張った。
 優勝の可能性は消えたが、地元ファンに好試合を見せる責任はまだ残っている。しかも、今カードは最下位脱出のために落とせない西武との直接対決。今季は高橋に3勝を献上していたが、この日は気迫で苦手をのみ込んだ。そんなナインの姿を見た栗山監督は「明日(14日)からもしっかりやっていきます」。伊藤の2桁10勝が懸かる試合での援護を期待した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ