本文へ移動

【阪神】『虎メダル』発案者「まさか自分がかけるとは…」坂本が巨人・菅野から千金本塁打

2021年10月13日 22時12分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回表2死、左中間ソロを放ち、筒井コーチ(左)に迎えられる阪神・坂本

4回表2死、左中間ソロを放ち、筒井コーチ(左)に迎えられる阪神・坂本

◇13日 阪神2―2巨人(東京ドーム) 
 攻守両面で阪神の危機を救ったのが6年目捕手の坂本。1点を追った4回には同点ソロ。リーグを代表する右腕・菅野から「爪痕を残したいと思っていた」と2年ぶりプロ通算6本目のアーチを刻んだ。本塁打を放った選手がベンチ前で首にかける「虎メダル」の作者は「まさか自分がかけるとは思わなかった」と喜んだ。
 2回の左前適時打と合わせてチームの全2点をたたき出した。守ってはスクランブル登板の2番手以降を無失点でリードした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ