本文へ移動

【オリックス】4試合ぶり本塁打の『ラオウ』杉本裕太郎「これを何とか明日につなげていきたい」

2021年10月13日 22時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・杉本裕太郎

オリックス・杉本裕太郎

◇13日 オリックス2―8ロッテ(京セラドーム大阪)
 オリックスの「ラオウ」こと、杉本裕太郎外野手(30)が4試合ぶりの31号2ランで一矢報いた。8点をリードされて迎えた9回の2死一塁。1ボールからの球を右翼席へ放り込んだ。
 「アウトコース低めのボールに対して、うまくバットのヘッドを返さずに打つことができました。これを何とか明日につなげていきたいと思います」
 チームは1分けを挟んで2連敗。2位ロッテとは1・5ゲーム差となった。3位・楽天もサヨナラ勝ちで追いすがる。主砲・吉田正が骨折で離脱している苦境にあるが、本塁打王争いでソフトバンク・柳田に4本差をつけてトップを独走する杉本が奮起する。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ