本文へ移動

【中日】4番アリエル・マルティネス左前適時打で先制「浮いたスライダーうまく仕留められた」

2021年10月13日 18時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日A・マルティネスが先制打を放つ

中日A・マルティネスが先制打を放つ

◇13日 中日―ヤクルト(バンテリンドームナゴヤ)
 4番の一打で中日が首位・ヤクルト相手に先手を取った。「4番・一塁」で先発出場したアリエル・マルティネス捕手(25)が1回の第1打席で左前適時打を放った。
 1回2死から大島が右翼線にポトリと落ちる二塁打で出塁。ここでA・マルティネスは初顔合わせの先発右腕・サイスニードに対し、2ボール2ストライクからの6球目の外角スライダーを左前にはじき返した。
 A・マルティネスの4番出場は4月17日以来。「いいピッチャーだし、低めにボールを集められるという情報は入っていたが、浮いたスライダーをうまく仕留めることができた」と胸を張った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ