本文へ移動

【中日】最後の選手登録、山井大介「最後の勇姿を見てほしい」藤井淳志「今までで一番楽しみたい」

2021年10月13日 16時48分

このエントリーをはてなブックマークに追加
投手陣とポーズを決める山井(手前中央)

投手陣とポーズを決める山井(手前中央)

 今季限りでともに現役を引退する中日の山井大介投手(43)と藤井淳志外野手(40)が13日、出場選手登録された。山井は20年目、藤井は16年目ながら、今季ここまで1軍出場なし。ウエスタン・リーグでは山井が19試合7勝5敗、防御率3・94、藤井が57試合、打率2割6分2厘だった。
 この日のヤクルト戦(バンテリンドームナゴヤ)に合わせ、2人の引退セレモニーが行われる。山井は「20年やってきて応援してくれた人はいっぱいいる。最後の勇姿を皆さんに見てもらいたい」、藤井は「小学校1年から野球を30年以上やってますけど、今までで一番楽しみたい。楽しくやっているのが伝わる試合にしたい」とそれぞれ意気込みを語っていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ