本文へ移動

祭参加の3基が地元山蔵へ 長浜・曳山博物館で展示入れ替え

2021年10月13日 05時00分 (10月13日 16時12分更新)
曳山博物館(左奥)から山蔵に帰る曳山=長浜市元浜町で

曳山博物館(左奥)から山蔵に帰る曳山=長浜市元浜町で

 長浜市元浜町の曳山(ひきやま)博物館で九日、長浜曳山祭の曳山の入れ替えがあった。展示室にあった四基のうち、来年四月の祭に参加する高砂山、猩々(しょうじょう)丸、鳳凰山が地元の山蔵に帰った。その後、残る萬歳(ばんざい)楼に加え、再来年に出番となる常磐山、翁山、孔雀(くじゃく)山が展示室に入った。(川添智史)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧