本文へ移動

「生きることは奇跡、感謝」 テント生活1年、根羽の幸山さん

2021年10月13日 05時00分 (10月13日 17時25分更新)
テント暮らしを続けている幸山さんと愛犬モック。後ろには一番長く暮らした初代テントがある=根羽村で

テント暮らしを続けている幸山さんと愛犬モック。後ろには一番長く暮らした初代テントがある=根羽村で

  • テント暮らしを続けている幸山さんと愛犬モック。後ろには一番長く暮らした初代テントがある=根羽村で
  • テント暮らしを続けている幸山さん=根羽村役場で
 根羽村で乳牛を飼育している幸山明良さん(36)が、自身が営む放牧場内にテントを張って生活を続けている。もともと家族向け村営住宅に単身で暮らしていたが、移住者用住宅が村内で不足していることを聞きつけ転居し、昨年九月からテント生活を始めた。丸一年を過ぎたため区切りを付け、近く住居での生活に戻る予定。一年を振り返り「山のリアルを体験できた。自信になった」と話す。(二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧