本文へ移動

伊勢茶が香るSDGsわらび餅 明野高生と古仁屋がコラボ開発

2021年10月13日 05時01分 (10月13日 13時33分更新)
明蕨を共同で開発した吉田さん(奥)と生徒ら=伊勢市の明野高で

明蕨を共同で開発した吉田さん(奥)と生徒ら=伊勢市の明野高で

  • 明蕨を共同で開発した吉田さん(奥)と生徒ら=伊勢市の明野高で
  • 明野高の伊勢茶を使った明蕨
 伊勢市の明野高校食品科学科の三年生三人が育てる伊勢茶を使ったわらび餅「明蕨(あけわらび)」を、共同開発したわらび餅製造販売「伊勢古仁屋(こびとや)」が十七日に発売する。同校で七日、商品の発表会があり、生徒らが開発の経緯や商品の紹介をした。 (足達優人)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧