本文へ移動

御嶽山頂周辺の登山道を再規制 冬季の安全確保困難

2021年10月13日 05時00分 (10月13日 17時15分更新)
午後2時ごろ、ロープを張って立ち入りを規制するパトロール員=木曽町の御嶽山で

午後2時ごろ、ロープを張って立ち入りを規制するパトロール員=木曽町の御嶽山で

 御嶽山の黒沢口登山道を管理する木曽町は十二日、七月から立ち入りを認めていた山頂・剣ケ峰(三、〇六七メートル)付近の登山道約六百メートルを再び規制した。積雪がある冬季は噴火時などの安全確保が難しくなるためで、町職員やパトロール員が九合目上部の黒沢十字路でロープと立ち入り禁止の看板を設置した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧