本文へ移動

相手の同点スーパーゴールにGK権田「素晴らしいシュートだったというと先がない。あれを防げるように向上していきたい」【サッカーW杯アジア最終予選】

2021年10月13日 10時39分

このエントリーをはてなブックマークに追加
後半、オーストラリアに直接FKを決められるGK権田(12)

後半、オーストラリアに直接FKを決められるGK権田(12)

◇12日 サッカーW杯カタール大会アジア最終予選B組第4戦 日本2―1オーストラリア(埼玉スタジアム)
 崖っぷちに追い込まれていた日本が難敵オーストラリアに競り勝ち、通算2勝2敗の勝ち点6としてW杯出場権争いに踏みとどまり、森保一監督(53)の進退問題をひとまず封印させた。
   ◇   ◇
 土俵際で見せた日本の粘り強さを、守護神の権田は最後尾から誇らしく思っていた。
 後半24分、オーストラリアのスーパーゴールで同点被弾。権田は「僕はゼロで抑えないと悔しさが残るタイプ。失点は素晴らしいシュートだったというと先がない。あれを防げるようにこだわって向上していきたい」と悔やんだ。そんな苦境に心折れることなく、日本は再び突き放した。
 権田は「バラバラになってもおかしくなかった中で自信を持ってプレーした」と、諦めずに勝利をつかんだチームメートをたたえた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ