本文へ移動

温室は 「ハロウィーン色」 総合グリーンセンター 

2021年10月13日 05時00分 (10月13日 10時37分更新)
ハロウィーンをイメージした色鮮やかな花々で彩られる花の展示温室=12日、坂井市の県総合グリーンセンターで(山田陽撮影)

ハロウィーンをイメージした色鮮やかな花々で彩られる花の展示温室=12日、坂井市の県総合グリーンセンターで(山田陽撮影)


 坂井市丸岡町の県総合グリーンセンターの花の展示温室(通称・タマネギハウス)では、ハロウィーン(31日)にちなむ、期間限定の展示が訪れた人を楽しませている。
 「ウェルカム ハロウィーンワールド」がテーマ。色とりどりのベゴニアで飾られたフラワーフレームが目につく。中央に四角い枠がありカボチャといっしょに記念写真を撮れる。
 右手に進むと紫色のクジャクアスターや白、赤、黄のダリア、先端にカボチャの付いた塔に囲まれた黒いハロウィーン城がある。このほか、キツネの顔のような実をつけ子どもたちに人気の植物フォックスフェイス、カボチャやタマネギ、ニンニク、落花生などの収穫物を木箱に入れた展示もある。
 担当の長野真紀主任は「美しい花々と農作物で秋の風情を楽しんでほしい」と話している。展示は31日まで。 (松田士郎)

関連キーワード

PR情報