本文へ移動

レトロ大門横丁に懐かし駄菓子店 名駅西・11月開店

2021年10月13日 05時00分 (10月13日 12時03分更新)
駄菓子店のオープンに向け改修を進めるあいざわさん(右から2人目)ら=名古屋市中村区名楽町1で

駄菓子店のオープンに向け改修を進めるあいざわさん(右から2人目)ら=名古屋市中村区名楽町1で

 昭和レトロの雰囲気を残す名古屋駅西側の大門地区(名古屋市中村区)で、長らく空き家となっていた飲食店を改修し、地域の子どもらが親しめる駄菓子店をつくる計画が進んでいる。この街並みにほれ込んだグラフィックデザイナーあいざわけいこさん(54)=中区=が、新型コロナウイルス禍で遊び場が減った子たちの憩いの場にしようと企画。11月中のオープンを目指している。(篠塚辰徳)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧