本文へ移動

巨人トリプルショック…V逸決定&4年ぶり7連敗&14年ぶり阪神戦負け越し

2021年10月13日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
選手交代を告げた後うつむきながらベンチへ戻る巨人・原監督

選手交代を告げた後うつむきながらベンチへ戻る巨人・原監督

◇12日 巨人1―2阪神(東京ドーム)
 巨人のリーグ優勝の可能性が完全消滅した。シーズン135試合目で3連覇消滅が確定。原監督は「そこはね、受け止めるしかないでしょうね」と悔しさをかみしめた。
 9月を首位で迎えながら、そこから6連敗、5連敗ときて、今回は球団ワーストの13連敗を喫した2017年以来4年ぶりの7連敗。9月以降は8勝21敗6分けという大失速だ。14年ぶりの阪神戦負け越しも決まった。
 この日も再三チャンスをつくりながら、3試合連続となる1得点。打線は後半戦から低調の日が多くなり、10月は10試合で計18得点、1試合平均は1・8得点。「この数カ月、なかなか男になってくれる人が出てこない」と指揮官。4位・広島とは5ゲーム差に。日本一への夢はつなぐためにも、ここで踏ん張らないといけない。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ