本文へ移動

【巨人】代打・亀井が左足死球でそのまま交代 原監督に肩に手を回していたわられる

2021年10月12日 22時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6回、左脚に死球を受けた亀井

6回、左脚に死球を受けた亀井

 12日 巨人1―2阪神(東京ドーム)
 巨人の亀井善行外野手(39)が6回、1点を返してなおも2死二、三塁の好機で中島の代打で打席に立ったが、阪神の先発青柳から左足に死球を受けた。
 苦悶(くもん)の表情でグラウンドに膝をついた亀井は何とか一塁に進もうとするも、10歩ほど歩き出したところで再度立ち止まってしまう。心配そうに駆け寄った原監督に肩に手を回していたわられ、代走の広岡を送られベンチに下がった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ