本文へ移動

【阪神】大山メンバー外で佐藤輝明三塁スタメン、痛烈右前打…近本の先制タイムリーをお膳立て

2021年10月12日 19時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回表1死一塁、佐藤輝が右前打を放つ

2回表1死一塁、佐藤輝が右前打を放つ

◇12日 巨人―阪神(東京ドーム)
 ホットコーナーで怪物のバットが暖まったようだ。阪神は「7番・三塁」でスタメンの佐藤輝が先制点につなげるヒットを放った。2回1死一塁、1ボールから左腕メルセデスの144キロをジャストミートし、右翼へ鋭い打球の安打。その後の2死満塁で1番・近本が右前へ先制の2点タイムリーを放った。
 この日は練習中に背中の張りを訴えた大山が、大事を取ってベンチ入りメンバーを外れた。代わって4番にはマルテが入り、定位置の三塁には佐藤輝が入った。近大時代に守っていたポジションに就き、5日のDeNA戦(横浜)以来1週間ぶりの安打を放った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ