本文へ移動

勇ましく馬上演武 土岐・八幡神社で規模縮小し神事

2021年10月12日 05時00分 (10月12日 11時39分更新)
勢いよく参道を駆け上がる乗り子=土岐市妻木町の八幡神社で

勢いよく参道を駆け上がる乗り子=土岐市妻木町の八幡神社で

  • 勢いよく参道を駆け上がる乗り子=土岐市妻木町の八幡神社で
  • 駆ける馬上から的に向かって矢を射る乗り子=土岐市妻木町の八幡神社で
  • 神楽を舞う巫女=土岐市妻木町の八幡神社で
 土岐市妻木町の八幡神社で10日、400年近く続く流鏑馬(やぶさめ)奉納に代わる馬上演武や巫女(みこ)による神楽奉納が、地元住民や関係者ら向けに披露された。流鏑馬神事は秋の風物詩として例年多くの観光客を集める行事だが、新型コロナウイルス感染症の影響で2年連続で規模を縮小した。そんな中でも、乗り子たちは背筋を伸ばし、疫病退散への願いが書かれた的へ弓を引いた。 (脇阪憲)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

岐阜の新着

記事一覧