本文へ移動

【中日】2位の駒大・鵜飼航丞、打は同名「こうすけ」の福留 守は大学先輩の大島に弟子入り志願

2021年10月12日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日からの2位指名を喜ぶ鵜飼(駒大提供)

中日からの2位指名を喜ぶ鵜飼(駒大提供)

 名古屋出身の“ザ・両思い”を力に、竜の大砲を目指す。「小学生の時によくナゴヤドームに中日の試合を見に行ったのが、プロを目指すきっかけになりました。ほっとしています」。中日から2位指名された駒大・鵜飼航丞外野手(22)が、オンライン会見でハキハキと言葉を並べた。
 期待されるのはチームに不足する長打力。身長182センチ、体重100キロジャストの無限の可能性を、ドラフト会議当日(11日)に見せつけた。東都大学リーグの青学大戦(神宮)に「4番・DH」でスタメン出場。7回、一時同点となる大学通算9号の中越えソロ本塁打を放った。
 外寄りの直球を逆らわずにはじき返し、バックスクリーンにズドン。「アウトコースをなかなかホームランにできなかったですけど、大学入ってから一番いい感触で打てました」という手応え抜群、プロ仕様の“前祝い弾”だった。
 即戦力となるため、攻守の弟子入りプランも練っている。打撃では、名前が同じ「こうすけ」で現役最年長の福留への憧れを隠さない。レジェンドが2006年WBCで放った代打本塁打は今でも勝負強さのお手本だ。レギュラー取りに欠かせない守備のレベルアップは、駒大の大先輩でゴールデン・グラブ賞8度の大島に「教わりたいです」とかわいがってもらうつもりだ。
 中学時代にナゴヤドーム(現バンテリンドームナゴヤ)でのプレーも経験したが、当時は投手。打席に立つ機会はなかった。胸を高鳴らせて打席に入った瞬間から、現本拠地で初となる日本人本塁打王への挑戦が始まる。「2~4年後くらいには達成できるように頑張っていきたいです」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ