本文へ移動

中日6位指名の大商大・福元悠真外野手「打撃で結果を出して…チームに必要とされる選手に」【ドラフト会議】

2021年10月11日 20時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日から6位指名され、笑顔でガッツポーズする大商大・福元

中日から6位指名され、笑顔でガッツポーズする大商大・福元

◇11日 プロ野球ドラフト会議
 同期にも先輩にも負けるつもりはない。中日に6位で指名された大商大の福元悠真外野手(21)は「順位は関係なく、1軍で活躍している選手にも負けないように頑張りたい」と早くも鼻息荒く意気込みを語った。上位2人と同じ大卒で右のスラッガー。特徴が重なる同期だけでなく、既にプロで活躍する先輩たちにもいきなり挑戦状をたたきつけた。
 2016年のセンバツを制した智弁学園の4番。もちろん持ち味は打撃だ。「スイングにこだわっている。打球の強さを意識してやっていきたい」。大学2年の秋に軸足の右ハムストリングを肉離れし、4年春まで痛みに悩まされた。けがを乗り越え、「キャプテンとしての立ち振る舞いも含め、気持ちの面で成長することができた」と大学4年間を振り返った。
 「大会で負けたら必ず泣いてしまう」と明かす無類の負けず嫌い。プロに入ってしまえば横一線の競争が待つ。「打たないと使ってもらえない。打って結果を出してチームに必要とされる選手になりたい」。下位指名からの“下克上”を目指し、プロの門をたたく。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ