本文へ移動

巨人6位の明徳義塾・代木大和は阪神1位の森木をライバル視 「森木君の存在がなければここまで成長できなかった」【ドラフト会議】

2021年10月11日 20時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
シャドーピッチを見せる代木大和

シャドーピッチを見せる代木大和

◇11日 プロ野球ドラフト会議
 巨人に6位で指名された代木大和投手(18)=明徳義塾=は、高校3年間しのぎを削った阪神1位の森木(高知)と同リーグとなり「森木君の存在がなければここまで成長できなかった。ライバルなのかなと思っているので、負けないように」と闘志を燃やした。
 カットボールを最大の持ち味に挙げ「より一層キレを良くしたい」と抱負を述べた。一方、今夏の甲子園で本塁打2本を放っており、長打力も魅力。巨人からは打撃面も高く評価されており「セ・リーグなので持ち味にしたい」と意欲を見せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ