本文へ移動

中日ドラフト1位指名のブライト健太、テレビ生出演で「外野手を守りたい」OB吉見一起さんも「ポテンシャル高い」と期待

2021年10月11日 18時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中日が1位で交渉権を獲得し、記者会見で笑顔を見せるブライト健太

中日が1位で交渉権を獲得し、記者会見で笑顔を見せるブライト健太

◇11日 プロ野球ドラフト会議
 1位で中日に指名された上武大のブライト健太外野手(22)が、名古屋のCBCテレビ(TBS系)の情報番組「チャント」に生出演。外野のポジションを狙いたいと抱負を語った。
 記者会見で「中日ドラゴンズに指名されたことをすごくうれしく思います。小さい頃からの夢で両親の夢でもあるので、うれしく思いますが、自分の実力ではまだまだ活躍できないと自覚しておりますので、浮足立つことなく、地に足を付けて一日一日を過ごしていきたい。タイトルを狙える選手になりたいですし、野球好きの子どもたちに夢を与えられる選手になりたい」と語ったブライト。
 スタジオ出演した元中日投手の吉見一起さんは「ポテンシャルが高い、長距離が打てるのは魅力」と期待を寄せた。
 その後、スタジオと結んでの生中継に臨んだブライトは吉見さんから希望の打順を聞かれ「打順のこだわりはなくて、与えられた打順をしっかり全うしたい」と緊張気味に答えた。さらに希望のポジションを聞かれると「センターであったりレフトであったり、外野手を守りたい」と話すと、吉見さんからレギュラーを奪ってくださいと激励されると「ありがとうございます。頑張ります」と力強くあいさつした。
 名古屋に行ったことはないというブライト。「ご飯がおいしいという印象が強くて、早くおいしいご飯をたべたい。ひつまぶしを食べてみたいです」と笑顔を見せた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ