本文へ移動

楽天が昌平高・吉野、ロッテが市和歌山高・松川…サプライズ1位指名相次ぐ【ドラフト会議】

2021年10月11日 17時54分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昌平高・吉野創士外野手

昌平高・吉野創士外野手

◇11日 プロ野球ドラフト会議
 目玉不在のドラフト会議は、1位で事前の予想を覆すサプライズ指名が相次いだ。
 日本ハムが天理高の193センチ右腕、達孝太投手(17)を指名。さらに、楽天が高校通算56本塁打を誇る昌平高の吉野創士外野手(17)、ロッテが高校通算43発の市和歌山高・松川虎生捕手(17)、オリックスが最速154キロ東北福祉大・椋木蓮投手(21)を指名した。
 中日の上武大・ブライト健太外野手(22)、ソフトバンクのノースアジア大明桜高・風間球打投手(18)を含め、単独指名は6球団となった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ