大島花子さん 24日、金沢で今年最初のライブ

2020年1月18日 02時00分 (5月27日 05時07分更新)
 シンガー・ソングライターの大島花子さんの今年最初のライブが二十四日午後七時から、金沢市柿木畠のもっきりやである。十年にわたり共演を続けるギタリスト笹子重治さんとのデュオで、父の故坂本九さんゆかりの曲などを歌う。
 「見上げてごらん夜の星を」「上を向いて歩こう」などのほか、美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」も。一九六四年に美輪さんが歌い始めた直後、坂本さんが母親が闘病中であることを伏せたまま、美輪さんに歌わせてほしいと直談してコンサートで歌ったエピソードがある。自身も二〇一七年にシングル発売し、美輪さんとの共演も果たした。
 大島さんは、大学に入学と同時にミュージカルで初舞台を踏んだが、その後は歌手を志して作詞、作曲を開始。会社員や塾講師などをしながらライブハウスなどで歌を歌い続け、〇三年に「見上げてごらん夜の星を」でメジャーデビューした。
 坂本さんが日航機墜落事故で亡くなった時、大島さんは十一歳。その経験や、自らが出産、子育てに携わる中で命の大切さをテーマに歌手活動を展開している。東日本大震災後は東北でも被災者との交流を重ね、近年は「グリーフ(悲嘆から起こる心の変化)サポート」のファシリテーターとしての経験を生かした「コンサートforグリーフ」と題したホールコンサートを各地で開いている。
 金沢のコンサートに向けて大島さんは「父、坂本九と過ごした日々の音楽、亡き後触れた音楽、働きながら、子育てをしながら感じたことを紡いだ音楽を、十年にわたりデュオ活動を続けてきた笹子重治さんのギターとともに。懐かしさと、心の奥底の大切なところに触れる音楽を、奏でられたら」とコメントを寄せた。
 料金は三千円。予約、問い合わせは、もっきりや=電076(231)0096=へ。

関連キーワード

PR情報

北陸文化の新着

記事一覧