本文へ移動

希望の花火 子どもへ 小松青雲LC打ち上げ

2021年10月10日 05時00分 (10月11日 10時50分更新)
次々と打ち上がった花火=小松市の木場潟公園で

次々と打ち上がった花火=小松市の木場潟公園で

 地元の子どもたちに元気と笑顔を届けようと、小松青雲ライオンズクラブ(LC)が九日、小松市の木場潟公園でサプライズ花火約八百発を打ち上げた。
 コロナ禍でさまざまな行事が取りやめになる中、「子どもたちが元気に希望を持って前に進んでほしい」との思いから、同LCの二十五周年事業として企画。百を超える市内の企業・団体も協賛し、市内小学生の家族らを招待した。
 午後六時すぎから花火が打ち上がり、大きな音と共に花火の大輪が夜空に広がった。子どもたちは「きれい」「すごい」などと歓声を上げ、拍手も起こっていた。
 花火の様子は、動画投稿サイト「ユーチューブ」でもライブ配信した。
 同LCの元田昭彦実行委員長は「公園いっぱいにたくさんの人が来てくれて本当に良かった。子どもたちも喜んでくれて大成功」と話した。(本安幸則)

関連キーワード

おすすめ情報