本文へ移動

「与田監督から『何でもいいから塁に出ろ』と」中日岡林が執念内野安打

2021年10月10日 18時44分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8回表無死、岡林が遊撃内野安打で出塁する

8回表無死、岡林が遊撃内野安打で出塁する

◇10日 DeNA2x―1中日(9回サヨナラ、横浜)
 4試合連続スタメンの中日・岡林勇希外野手(19)が執念で内野安打をもぎ取った。「打席に向かう時に、監督から『何でもいいから塁に出ろ』という言葉をもらったので、当たりはボテボテでしたが、塁に出られて良かったです」。同点の8回先頭。詰まった当たりの遊ゴロも俊足をとばして2試合ぶりの安打とした。「自分の持ち味を発揮できました」と振り返った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ