本文へ移動

深田恭子「私も心を盗まれました」主演映画公開直前イベントに出席

2021年10月10日 18時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「劇場版 ルパンの娘」公開直前イベントであいさつする深田恭子

「劇場版 ルパンの娘」公開直前イベントであいさつする深田恭子

  • 「劇場版 ルパンの娘」公開直前イベントであいさつする深田恭子
  • 公開直前イベントで「L」のポーズをとる(左から)栗原類、小畑乃々、深田恭子、瀬戸康史、小沢真珠
 女優の深田恭子(38)が10日、東京都内で主演映画「劇場版ルパンの娘」(15日公開、武内英樹監督)公開直前イベントに出席した。
 泥棒一家「Lの一族」の娘・三雲華(深田)の禁断の恋と冒険の最終章。深田のあいさつ後、共演の小畑乃々(10)が「何度もLの一族に心を盗まれて」と言葉巧みにアピール。他の共演者や司会者が驚嘆する中で深田も「私も心を盗まれました」と感心した。
 さらに盗みたいものを問われた深田は「乃々ちゃんすべてを盗みたい。知識を含め、しっかりしたところやかわいらしいところとか。乃々ちゃんになりたい」と笑顔で語った。映画にちなみ家族の絆を感じたエピソードについて「家族全員の誕生会をするので集まる機会が多いが、最近はないですね」と話した。
 深田は劇中のアクションシーンを振り返りながら「ボディースーツで暑い季節も寒い季節もやり切った。今回は“激寒”でした。結構年季が入っているので近くで見せられない。泥棒スーツに適した季節はない」とドラマから約2年に及んだ撮影の苦労も明かした。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ