本文へ移動

【ルヴァン杯】C大阪と名古屋グランパス30日に決勝戦 天皇杯も同カードで異例の中2日連戦

2021年10月10日 17時43分

このエントリーをはてなブックマークに追加
C大阪の加藤

C大阪の加藤

◇10日 ルヴァン杯準決勝第2戦 C大阪1―0浦和(ヨドコウ桜スタジアム)
 C大阪が浦和を破り、2017年以来の優勝へあと1勝と迫った。30日の決勝(埼玉スタジアム)は、名古屋との対戦となった。
 後半8分、C大阪のFW加藤陸次樹(24)がペナルティーエリア内のほぼ角度がないところで一対一となってシュート。浦和のGK鈴木彩艶(19)の手をかすめ、ゴールに吸い込まれた。
 名古屋とC大阪は、27日にも天皇杯準々決勝(豊田スタジアム)で対戦することが決まっており、異例の中2日での連戦となる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ